耐震性が高く地震に強い構造をしている平屋

耐震性が高く地震に強い構造をしている平屋

平屋の特徴の一つに、耐震性の高さを挙げることができます。
日本の一般的な住宅は2階や3階建てのため、地震が発生したときの揺れが大きくなります。
基本的に縦に長い構造であるほど揺れは強くなるため、平屋に比べたら2階建てや3階建ては地震に強くありません。
平屋は1階部分のみですから、土台もしっかりとしています。
長方形や正方形など建物形状もシンプルで揺れによる影響は少なく安定感のある土台をしているため、大地震が発生したときでも安全性は非常に高いです。
地震だけではなく風による影響も受けにくい構造をしているので、台風が接近したときの被害も抑えられるとされています。
日本は毎年大地震が発生しており、また全国各地で発生しているため絶対に安全な地域はありません。
どこに住んでいても地震や台風の被害を受ける可能性はありますから、家族の大切な命を守るためにも耐震性が高く災害に強い特徴がある平屋を選ぶのはベストな選択かもしれません。

平屋の断熱対策には性能の良い材質を採用すること

昔から平屋は冬場は寒いと言われてきました。
これは間取りが関係しており、室内に吹き抜けの空間を設けたり、部屋同士の仕切りを少なくした広々とした空間設計が原因です。
自然と天井が高くなってしまう設計では、冷えた空気が下に降りてくるためどうしても寒くなってしまいます。
寒い冬場でも快適に過ごすためにも、断熱対策には力を入れることをお勧めします。
平屋にとって最も効果的な断熱対策は、壁や屋根に性能の高いものをセレクトすることです。
これらの箇所を安く済まそうとすると、屋外の冷気の影響を受けやすくなります。
広々とした窓も見晴らしが良いものですが、室内を冷たくする原因となるため、断熱性に優れた窓を採用したり、サッシには樹脂製のものを選ぶなどして対策を施すのが効果的です。
床暖房を取り入れるのも良いかもしれません。
広い空間でも床全体を温めてくれるので、足元からの冷えを防ぐことができます。
足元が温まれば体感温度も上がるので、暖房費の削減にも効果がありオススメです。

平屋に関する情報サイト
隠れた人気住宅 平屋

このサイトでは、住まいのスタイルのひとつとなる平屋住居について触れていきます。日本では1980年代までは都心部でも目にできた住宅です。昨今は土地面積が狭くなったこともあり、2階建てから3階建てになっています。ところが最近は意外と住みたいという憧れを持つ方が多くなりました。一体どのような構造になっており、得られるメリットはどんなものなのかを詳しく解説をしていきましょう。これから住む方にとって参考になれば幸いです。

Search