家族が平屋で安心安全に暮らすための対策

家族が平屋で安心安全に暮らすための対策

平屋のデメリットの一つに、セキュリティがあります。
一般的な2階建て以上の住宅に比べるとセキュリティに穴があり、空き巣などの被害が心配されています。
しかし設計時に気をつけておくだけで、家族を守る安全性は確保可能です。
たとえば平屋の窓には格子をつけることにより、外部からの侵入は抑えられるでしょう。
また不必要に大きな窓を設置するのではなく、設置する場合も鍵の数を増やしたり防犯ガラスにするだけで侵入される確率は下がります。
さらに平屋の玄関周りや庭には防犯カメラを設置したりセキュリティ会社と契約すれば、安全性はさらに高まるでしょう。
他にも庭には砂利を敷いて侵入者が入ってくると音が鳴るようにすれば、それ以上は警戒して諦めてくれます。
目隠しのために周囲をフェンスや植栽で完全に覆うのではなく、ある程度の開放感をもたせることで侵入しにくくなりますから、こうした工夫をしておくと平屋でも安心できる生活は可能です。

平屋を建てるならエクステリアにこだわるのがおすすめ

これから平屋を建てようとしているのなら、建物本体のデザインだけでなく、それを取り囲む塀や門扉といったエクステリアの部分についてもしっかりと計画をしてから工事を始めるのがおすすめです。
平屋は毎日の生活で階段を昇り降りしなくて良いなどのメリットがある建物ですが、二階部分がないことにより、庭などの建物の外の部分も有効に活用することが快適な生活を続けるためのポイントになると考えられます。
例えば、リビングの外側にウッドデッキを設置して、日当たりの良い場所でくつろぎたいと考える人も多いですが、そのような工事もエクステリア工事を行っている会社に頼むことができます。
また、平屋は全部の部屋が一階部分にあるため、建物を囲む塀やフェンスなどの種類にこだわるのが大切です。
それは、家の外を通行している人から部屋の中が丸見えにならないように目隠しの役割を持たせる必要があることや、防犯性も考えて塀や柵などを設置することが求められるからなので、しっかりと専門家に相談して暮らしやすい平屋を作るようにしましょう。

平屋に関する情報サイト
隠れた人気住宅 平屋

このサイトでは、住まいのスタイルのひとつとなる平屋住居について触れていきます。日本では1980年代までは都心部でも目にできた住宅です。昨今は土地面積が狭くなったこともあり、2階建てから3階建てになっています。ところが最近は意外と住みたいという憧れを持つ方が多くなりました。一体どのような構造になっており、得られるメリットはどんなものなのかを詳しく解説をしていきましょう。これから住む方にとって参考になれば幸いです。

Search