意外と住みたいと憧れを持つ人が多い!そんなあなたに教える平屋の豆知識!

このサイトでは、住まいのスタイルのひとつとなる平屋住居について触れていきます。
日本では1980年代までは都心部でも目にできた住宅です。
昨今は土地面積が狭くなったこともあり、2階建てから3階建てになっています。
ところが最近は意外と住みたいという憧れを持つ方が多くなりました。
一体どのような構造になっており、得られるメリットはどんなものなのかを詳しく解説をしていきましょう。
これから住む方にとって参考になれば幸いです。

意外と住みたいと憧れを持つ人が多い!そんなあなたに教える平屋の豆知識!

平屋家屋の豆知識として覚えておきたいのは、限りなく平屋住宅はバリアフリー設計となっている点です。
階数がないことから必然的に階段はありません。
フラットな室内で段差をなくすこともでき、ご高齢の方にとっては安心して生活を送れる環境を用意出来るでしょう。
平均的な4人家族を例にすると、約100平方メートルの延べ床面積を持つ4LDKの間取りが理想的な住まいです。
平屋であれば若干広い土地を必要とするので、この点は念頭に置いておきましょう。

知れば知るほど住みたくなる平屋の良さ

住みたくなる平屋の良さは、生活がしやすい点です。
たとえば2階建ての一戸建ての場合、1階に洗濯機置場がありベランダは2階の造りが一般的です。
そのため1階の洗濯機で洗濯した衣類は、カゴなどに入れて2階まで持って行かなければいけません。
水に濡れた衣類を入れたカゴを持って2階に上がるのは、歳を取れば取るほど辛くなるでしょう。
しかし平屋なら1階で洗濯した衣類をそのまま庭に干せるので、階段上り下りがなく楽です。
家事が楽になるのは洗濯のときだけではなく、掃除も1階部分だけなら楽になり面倒がありません。
つまり家事や生活の動線全てをコンパクトに纏めることができるので、シンプルな生活ができる良さがあります。
シンプルな生活に憧れる人には、住みたくなる平屋の特徴と言えるでしょう。
その他にも階段の上り下りがなくなることで家庭内で高齢者や子どもが事故が起きる可能性も減り、安心して生活できるメリットも平屋にはあります。

日当たりが悪くなりがちな平屋を明るくするための工夫

平屋の物件に住みたいと思ったときに日当たりを気にされる方もいるかと思います。
開放的な空間が魅力の平屋ですが、対策をしないと中心部に日があまり当たらず暗い印象になってしまいます。
家の中が暗いと気分もなかなか上がりませんよね。
例えば、南向きの部屋に大きな窓を設置すると日当たりはかなり改善されますが、南側に大きな建物がある場合は東側に窓を設けるのもいいでしょう。
特に夏は昼間に日光が入ってこないので暑さ対策にもなります。
また天窓を設けると平屋の中心部まで日の光が届くのでおすすめです。
中古の平屋物件だと難しいですが、もし新築で建てる場合は周りの土地の環境も考慮しましょう。
隣の家と距離が近かったり周りに大きい建物があると日が当たりにくくなってしまいます。
ですが、L字型の物件だと開放的な空間が作られるため光を取り入れやすく明るい家になるでしょう。
工夫するポイントはいくつかありますが、以上のことを踏まえてぜひ実践してみてください。

平屋の間取りは生活音のイメージが成功の秘訣

人の話し声やテレビの音、足音など普段生活するなかで色々な生活音がありますが、小さな音でも種類によっては気になってしまい時にはうるさく感じるものです。
特に平屋はそれぞれの部屋がリビングに直結しており、リビングでテレビを観たり家事をすると各部屋に音が響いて騒がしく感じてしまいます。
もしこれから新しく家を建てる場合は、間取りを考える際に音が発生しやすい場所と寝室を離したり、廊下を設けるなどして距離をとるといいでしょう。
また壁が薄く隣室の音漏れが気になる場合は、居室と居室の間に収納スペースをつくることによって空間ができるので、壁越しの音漏れ対策に効果的です。
さらにトイレも音が出やすい場所のひとつです。
リビングなど、人が集まる場所の隣は避けるなどしてプライバシーに配慮することが大切です。
平屋は開放的なところが魅力ですが、開放的ということは臭いや音なども通りやすくなります。
可能な限り予防することでより生活がしやすくなるでしょう。

平屋の限られたスペースを有効活用して作る収納場所

広々とした空間が魅力的な平屋の住宅ですが、場合によっては限られたスペースの中に工夫した間取りで建築する例もあります。
そのような場合において、居住スペースを圧迫せずに平屋住宅の魅力をそのまま取り入れられるプランニングを採用することで、高い快適性を確保することが可能となります。
そこで重要なのが、収納スペースの場所や方法などを工夫することです。
もともと建坪に限りがある状況であるのですから、部屋の一部をクローゼットにしたり納戸を設置したりすると、その分の有効な居住スペースが減ってしまいますので、考え方としては上下の空間に収納場所を広げてく方向が良いでしょう。
例えば床下の空間の活用です。
キッチンの床下の保存庫は定番ですが、その他にも小上がりスペースの下部や玄関の段差なども有効に活用できます。
少しの段差に引き出しを設置することで、豊富なスペースが出現するのは良いアイディアと言えるでしょう。
平屋住宅の屋根を高めにして小屋根裏スペースを確保してロフトを作ることや、デッドスペースになりがちなトイレのドア上部も良いポイントです。
遊び心のあるニッチを作って、小物を飾る棚にしても面白いものです。
コンパクトな平屋でも、様々な工夫でより快適な住まいに仕上がるものといえます。

平屋に関する情報サイト
隠れた人気住宅 平屋

このサイトでは、住まいのスタイルのひとつとなる平屋住居について触れていきます。日本では1980年代までは都心部でも目にできた住宅です。昨今は土地面積が狭くなったこともあり、2階建てから3階建てになっています。ところが最近は意外と住みたいという憧れを持つ方が多くなりました。一体どのような構造になっており、得られるメリットはどんなものなのかを詳しく解説をしていきましょう。これから住む方にとって参考になれば幸いです。

Search